MMD Macro Wiki

MikuMikuDance用マクロ/ホットキーツール「MMD Macro」公式wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Contents

function:variable

変数操作

変数の設定や計算を行う関数です。

var関数

変数に値を代入します。画面上のアクションはありません。
文字列の連結にも使用できます。

var(variable, value)

variable [変数名] 省略不可

入力した値を格納する変数を指定します。

value [数値or文字列] 省略不可

変数に格納する値を指定します。
文中に ${変数名} と記述すると指定した変数に置換されます。


input関数

変数に値を入力するダイアログを開きます。
入力ダイアログでは count で指定した数の値を半角カンマで区切って入力します。
文中に ${変数名} と記述すると指定した変数に置換されます。

input(count, variable, variable, ... [, message])

count [整数] 省略不可

設定する変数の数を指定します。

variable [変数名] 省略不可

入力した値を格納する変数をcountで指定した数だけ指定します。

message [文字列] 省略可

ダイアログに表示するメッセージを入力します。
\n と入力すると改行に変換されます。

;3つの変数「hoge」「meso」「piyo」に値を代入する
input(3, hoge, meso, piyo)

calc関数

変数同士ないし変数と指定した値による各種計算、また小数に対する丸め処理等を行います。
文字列同士の連結には var関数 を使用して下さい。
画面上のアクションはありません。

calc(variable, op[, value, output])

variable [変数名] 省略不可

計算に使用する変数を指定します。
output パラメータを省略した場合、計算結果はここで指定した変数に格納されます。

op [演算子or動作識別子] 省略不可

処理内容を選択します。

op内容value要否
=variableにvalueを代入する
+variableにvalueを足す
-variableからvalueを引く
*variableにvalueを掛ける
/variableをvalueで割る
//variableをvalueで割る(割り切らない)
modvariableをvalueで割った余りを得る
negvariableの符号を反転する不要
ceilvariableの小数点以下を切り上げる不要
roundvariableの小数点以下を四捨五入する不要
floorvariableの小数点以下を切り捨てる不要

value [数値or変数名] 条件付き省略可

加減乗除に使用する値。加減乗除以外の処理では省略可。
数値以外を指定すると変数として処理されます。

output [変数名] 省略可

計算結果を variable で指定した変数とは別の変数に格納する場合に使用します。

;変数hogeと変数mesoを足した値を変数piyoに代入する
calc(hoge, +, meso, piyo)

random関数

変数にランダムな数値を代入します。
画面上のアクションはありません。

random(variable, min, max[, dec])

variable [変数名] 省略不可

値を格納する変数を指定します。

min [整数or小数] 省略不可
max [文字列] 省略不可

最小値と最大値を指定します。

dec [整数] 省略可

小数点以下の桁数を1~6桁の範囲で指定します。
省略時は整数になります。ご注意ください。


function/variable.txt · 最終更新: 2018-05-15 19:15:38 by nef

ページ用ツール