MMD Macro Wiki

MikuMikuDance用マクロ/ホットキーツール「MMD Macro」公式wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


function:msgbox

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
function:msgbox [2018-05-11 17:11:04]
nef [メッセージボックス表示]
function:msgbox [2018-05-13 16:52:12] (現在)
nef 0.0.2.5
ライン 1: ライン 1:
 {{indexmenu_n>​90}} {{indexmenu_n>​90}}
 ====== メッセージボックス表示 ====== ====== メッセージボックス表示 ======
 +
 ==== msgbox関数 ==== ==== msgbox関数 ====
 +
 任意のメッセージを表示するダイアログを開きます。\\ 任意のメッセージを表示するダイアログを開きます。\\
 ダイアログには「OK」と「キャンセル」のボタンが表示され、「OK」を押すと続行、「キャンセル」を押すと処理を中止します。 ダイアログには「OK」と「キャンセル」のボタンが表示され、「OK」を押すと続行、「キャンセル」を押すと処理を中止します。
  
-<wrap large>''​msgbox(text, ​//title//)''</​wrap>​ <wrap lo>​(>​= 0.0.2.2)</​wrap>​+  ​msgbox(text[, title])
  
-<​wrap ​large>​text</​wrap>​ [文字列] 省略不可 <wrap lo>​(>​= 0.0.2.2)</​wrap>\\+<​wrap ​em>​text</​wrap>​ [文字列] 省略不可 
 +<block indent>
 表示する文字列を指定します。\\ 表示する文字列を指定します。\\
-文中に ''​\n''​ と記述するとその位置で改行します。+文中に ''​\n''​ と記述するとその位置で改行します。\\ 
 +文中に ''​${変数名}''​ と記述すると指定した変数に置換されます。\\ 
 +変数が存在しなかった場合は ''​!{変数名}''​ に置換されます。 
 +</​block>​
  
-文中で ''​${variable}''​ と記述すると変数variableの値に置換されます。\\ +<wrap em>​title</​wrap>​ [文字列] 省略可 
-変数が存在しなかった場合は ''​!{variable}''​ に置換されます。 +<block indent>​ 
- +ダイアログのタイトルを指定します。\\ 
-<wrap large>​title</wrap> [文字列] 省略可 <wrap lo>(>= 0.0.2.2)</​wrap>​\\ +文中に ''​${変数名}''​ と記述すると指定した変数に置換されます。\\ 
-ダイアログのタイトルを指定します。+変数が存在しなかった場合は ''​!{変数名}''​ に置換されます。 
 +</block>
  
 === 例 === === 例 ===
ライン 23: ライン 30:
 msgbox(入力された値は\n\nhoge:​ ${hoge}\nmeso:​ ${meso}\npiyo:​ ${piyo}\n\nです。) msgbox(入力された値は\n\nhoge:​ ${hoge}\nmeso:​ ${meso}\npiyo:​ ${piyo}\n\nです。)
 </​code>​ </​code>​
 +
function/msgbox.txt · 最終更新: 2018-05-13 16:52:12 by nef

ページ用ツール