MMD Macro Wiki

MikuMikuDance用マクロ/ホットキーツール「MMD Macro」公式wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


function:menubar

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
function:menubar [2018-05-12 22:25:57]
nef
function:menubar [2018-05-13 16:50:27] (現在)
nef 0.0.2.5
ライン 1: ライン 1:
 {{indexmenu_n>​50}} {{indexmenu_n>​50}}
 ====== メニュー操作 ====== ====== メニュー操作 ======
 +
 ==== menu関数 ==== ==== menu関数 ====
-メニューバーの指定された項目を選択します。\\ 
  
-<wrap large>''​menu(menuCountsubmenuCount)''</​wrap>​ <wrap lo>​(>​= 0.0.2.0)</​wrap>​+メニューバーの指定された項目を選択します。 
 + 
 +  ​menu(menu_possubmenu_pos)
  
-<​wrap ​large>menuCount</​wrap>​ [整数] 省略不可 <wrap lo>​(>​= 0.0.2.0)</​wrap>\\+<​wrap ​em>menu_pos</​wrap>​ [整数or変数名] 省略不可 
 +<block indent>
 メニューバーの左から何番目のサブメニューを使用するか指定します。\\ メニューバーの左から何番目のサブメニューを使用するか指定します。\\
-一番左のファイルメニューが ''​1'' ​なります。例として物理演算メニューは ''​6''​ です。+一番左のファイルメニューが ''​1'' ​なります。例として物理演算メニューは ''​6''​ です。 
 +</​block>​
  
-<​wrap ​large>submenuCount</​wrap>​ [整数] 省略不可 <wrap lo>​(>​= 0.0.2.0)</​wrap>\\+<​wrap ​em>submenu_pos</​wrap>​ [整数or変数名] 省略不可 
 +<block indent>
 サブメニューの上から何番目の項目を使用するか指定します。\\ サブメニューの上から何番目の項目を使用するか指定します。\\
-一番上の項目が ''​1''​ となります。セパレータも1項目として数えます。\\+一番上の項目が ''​1''​ となります。**セパレータも1項目として数えます**。\\
 例としてファイルメニューの「ポーズデータ読込」は ''​9''​ です。 例としてファイルメニューの「ポーズデータ読込」は ''​9''​ です。
 +</​block>​
  
 === 注意 === === 注意 ===
ライン 20: ライン 26:
  
 === 備考 === === 備考 ===
-一部項目で選択後に開くダイアログはダイアログ操作用の関数で操作してください。\\+一部項目で選択後に開くダイアログは[[function:​dialog|ダイアログ操作用の関数]]で操作してください。\\
  
 === 例 === === 例 ===
ライン 34: ライン 40:
 </​code>​ </​code>​
 ----- -----
 +
function/menubar.txt · 最終更新: 2018-05-13 16:50:27 by nef

ページ用ツール