MMD Macro Wiki

MikuMikuDance用マクロ/ホットキーツール「MMD Macro」公式wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Contents

file:hotkey

ホットキー設定ファイル

mmdm.exeと同じフォルダに hotkeys.ini を配置するとホットキー設定ファイルとして動作します。
ホットキーを定義し、発動するマクロファイルを指定します。

インストールファイルにはサンプルが hotkeys.sample.ini の名前で同梱されています。使用する場合は適宜リネームしてください。

フォーマット

一般的なiniファイルに準じます。

hotkeys.ini
[prev_frame]
key=Ctrl+WheelUp
file=macro\_hotkey\prev_frame.txt
 
[next_frame]
key=Ctrl+WheelDown
file=macro\_hotkey\next_frame.txt
 
[prev10_frame]
key=Shift+WheelUp
file=macro\_hotkey\prev10_frame.txt
 
[next10_frame]
key=Shift+WheelDown
file=macro\_hotkey\next10_frame.txt

セクション

[section]

大括弧に囲まれた半角英数がセクション定義です。一つのセクションが一つのホットキーに対応します
セクション名は他で利用しないため自由に設定して構いませんが、重複はできません

パラメータ

keyキー

key=Ctrl+Shift+A

ホットキーを発動させる入力内容を指定します。一つのセクションに一つのみ設定できます。
入力指定を縦棒「|」で区切ると複数のキーを割り当てられます。

key=A|Shift+B|F3

指定には以下の文字列を使用します。
修飾キーはキーボード/マウスの指定の前に配置して使用します。複数同時指定も可能です。

キー入力

0~9 A~Z ^ \ @ [ ] . / ; : , Space Tab Enter BS Del Ins Home End PageUp PageDown Left Right Up Down F1~24 Numpad0~9 Numpad. Numpad/ Numpad* Numpad+ Numpad- NumpadEnter

マウス入力

LButton RButton MButton XButton1 XButton2 WheelDown WheelUp WheelLeft WheelRight

修飾キー接頭辞

Ctrl+ Shift+ Alt+ Win+

fileキー

file=macro/macro_file.txt

発動するマクロファイルを割り当てます。一つのセクションに一つのみ設定できます。
ファイルの指定は実行ファイルからの相対パスか、絶対パスで行います。

コメント

;説明や区切り線など----------

セミコロン ; から始まる行はコメントと見なされ処理されません。説明や区切り線などの記述にご利用ください。
空行も無視されます。

file/hotkey.txt · 最終更新: 2018-05-11 15:37:30 by nef

ページ用ツール