MMD Macro Wiki

MikuMikuDance用マクロ/ホットキーツール「MMD Macro」公式wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Contents

changelog

更新履歴

太字は破壊的変更かそれに準じる内容の変更を示します。

0.0.2.6 (2018-05-14)

  • click関数でrepeatパラメータを設定した場合にクリック間に短い停止時間を挟むように仕様変更
    • トレースモード時に高速でフレームを移動すると物理演算の挙動がおかしくなるMMDの仕様に対応
  • 変数にランダムな値を代入するrandom関数を追加
  • ピリオド「.」から始まるファイルとフォルダもフォルダツリーとリストビューの表示対象外に
  • エラー処理等の微調整

0.0.2.5 (2018-05-13)

  • dialogCount関数を追加
  • 変数展開の仕様を共通化
    • 文字列を指定するパラメータでは原則として ${変数名} による変数の展開が可能に
    • 数値(整数・小数)を指定するパラメータでは原則として変数名の直接記述による変数の使用が可能に
  • エラー処理の拡張

0.0.2.4 (2018-05-12)

  • dialogSet関数を数値(整数・小数)専用に変更し、文字列専用のdialogSetStr関数を追加

0.0.2.3 (2018-05-12)

  • リストビューの不具合を修正
    • マクロファイルを表示上の順序を元に呼び出していた不具合を修正
  • msgbox関数の不具合を修正
    • 本体のReloadボタンのラベルが書き換えられていた不具合を修正
  • loop関数の不具合を修正
    • 内部で発生した停止フラグが正常に機能していなかった不具合を修正
  • ドロップダウンリストの選択中の項目の並び順とテキストを取得するcurrent関数を追加
    • ダイアログ用に同じ機能のdialogCurrent関数を追加
  • loop関数のファイル指定の方法を「macroフォルダ相対パス」「起動ファイル相対パス」「記述ファイル相対パス」に拡張
    • ファイル名またはフォルダ名から始まるとmacroフォルダをルートとした相対パス
    • / から始まると起動ファイルをルートとした相対パス
    • ./ から始まると記述ファイルをルートとした相対パス

0.0.2.2 (2018-05-11)

  • Reloadボタンで表示中のリストビューも更新されるように変更
  • アンダーバーから始まるマクロファイルをリストビューの表示対象から除外
  • アンダーバーから始まるディレクトリをツリービューの表示対象から除外
  • 変数に値を代入するvar関数を追加
  • calc関数のop引数に代入を行う = を追加
    • 変数の初期化にも使用可
  • input関数の仕様を変更
    • 任意名前の複数の変数に同時に値を投入可能
    • ダイアログをキャンセルした場合や変数の指定と入力した値の数が合わない場合に確認画面を表示
    • 旧記法は継続して使用可能だが非推奨(Deplicated/いずれかの時点で廃止予定)
  • ホットキーの動作指定をファイル指定のみに変更
    • hotkeys.ini内にインラインで記述する方法は削除
  • loop関数のマクロファイル指定を相対パスで指定する記法を追加
    • パスを .\ から記述すると起動したマクロファイルの存在するディレクトリからの相対指定と見なす
    • 呼び出し元ではないのでloopをネストしている場合は要注意
  • ダイアログ操作用の関数群を追加
    • dialogOpen dialogClose dialogClick dialogCheck dialogUncheck dialogSearch dialogSelect dialogSet
    • 「物理ON/OFFフレーム変換」「外部親設定」「ファイルを開く」ダイアログでの動作を確認
  • file関数を廃止
  • ダイアログを表示するmsgbox関数を追加
    • 変数も表示可能
    • デバッグ, 手動操作待ち, 続行の確認等に

0.0.2.1 (2018-05-10)

  • 0.0.2.0で発生したclick関数の致命的な不具合を修正
  • 変数と任意の値ないし変数同士の加減乗除や小数点以下を丸める処理等を行うcalc関数を追加
  • ドロップダウンリストの項目数を取得するcount関数を追加
  • 任意の時間処理を待機するsleep関数を追加
  • click関数にthroughオプションを追加(file関数と組み合わせる場合に使用)
  • MMD Macroのリストビューからマクロを発動した場合、完了後にフォーカスをMMD Macroに戻すように動作を変更

0.0.2.0 (2018-05-09)

  • マクロ格納フォルダのツリー表示を追加
  • 補完曲線を操作するcurve関数を追加
  • メニューバーを操作するmenu関数を追加
  • ファイル選択ダイアログを操作するfile関数を追加
  • 指定したマクロファイルをループ実行するloop関数を追加(テスト版)

0.0.1.6 (2015-01-25)

  • 初回リリース
changelog.txt · 最終更新: 2018-05-14 22:27:29 by nef

ページ用ツール